俳優

竹野内豊の若い頃がイケメン!2021現在は顔変わった&老けた?時系列で画像を比較してみた

スポンサーリンク

映画「シン・ゴジラ」や、2021年にはドラマ「イチケイのカラス」にも出演している俳優の竹野内豊さん。

2021年で50歳を迎える竹野内豊さんは、1994年から俳優としての活動を始めており、芸歴も30年近い大ベテランです。

そんな竹野内豊さんですが、最近「顔が変わった?」「老けた?」という声があがっています。

この記事では

  • 竹野内豊さんの老けた、顔変わったと言われる画像
  • 竹野内豊さんの見た目の変化を若い頃から2021年現在まで時系列で画像比較
  • 竹野内豊さんの見た目が変わった理由
  • 変わった姿に対するネットの声

についてまとめています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

竹野内豊の2021現在が顔変わった&老けた(劣化)?

若かりし頃の竹野内豊

こちらは若かりし頃の竹野内豊さんです。

若い頃の竹野内豊出典:ツイッター

かなりのイケメンで、若い頃から絶大な人気を誇っていましたね。

こちらはドラマ「ロングバケーション」に出演していた頃の竹野内豊さん。

ロンバケに出演する竹野内豊出典:ツイッター

落ち着きもあり、大人の魅力に溢れています。

スポンサーリンク




2021年現在の変わったと言われる竹野内豊がこちら

そしてこちらが2021年現在の竹野内豊さんです。

2021年の竹野内豊出典:ツイッター
2021年の竹野内豊出典:ツイッター
2021年の竹野内豊引用:研音公式サイト

若かりし頃と比べひげを蓄えて、なんだかダンディーな見た目になっていますね。

しかし50歳という年齢を考えると、とてもそうは見えない外見ではないでしょうか?

確かに目尻に小皺が見えたり腕に血管が浮いていたりと、多少の変化は見られますが

そんなに老化や劣化といった変化は感じられません。

放つ魅力の質が変わったとでもいえばいいのでしょうか、少なくとも劣化という言葉はとても当てはまりそうにありませんね。

スポンサーリンク




ネットの反応は?

Twitterの反応を見ても、竹野内豊さんの年のとり方を劣化したと表現する人は少数派なようです。

「老けない」「いつまでもイケメン」「劣化しない」「年をとって更にかっこよくなった」など変化しない、または変化に肯定的な意見が非常に多かったです。

確かに全盛期の頃の写真と50歳の写真を比べても極端に「老けた」ような印象は受けませんでしたし、ネット上の声も納得です。

多くの人が竹野内豊さんはいつまでもイケメンで、むしろ年を取ってから更に魅力を増したと感じているようです。

スポンサーリンク




竹野内豊の若い頃がイケメン!モデル時代から2021現在までを時系列で画像比較!

竹野内豊さんはネットの声を見ても、実際に若い頃と現在の写真を並べても極端に「老いた」「劣化した」という印象が少ない俳優です。

若い頃もかなりのイケメンだった竹野内豊さん。

モデル時代からの変化を順番に追いかけてみたいと思います。

1994年(23歳):男性ファッション誌のモデル時代

こちらは1994年1月号のメンズファッション誌「メンズクラブ」の表紙を飾った竹野内豊さんです。

モデル時代の竹野内豊引用:ヤフオク!

竹野内豊さんはもともとは、男性ファッション誌のモデルに応募したことがきっかけで芸能界に入っています。

モデルを経験した後に同年4月から放送されたドラマ「ボクの就職」にて俳優デビュー。

声に非常に定評のある俳優であり、声を評価されたことで「この声をきみに」というドラマの主演を射止めてもいます。

ルックスにも声にも恵まれた上で、ご本人は非常に真面目で努力家な俳優なのだそうです。

そしてこちらは「彼のセーター」というセーターの手編みの図解の本で、この表紙を飾っているのが当時23歳の竹野内豊さん。

引用:気になる芸能人

まだ少年のような幼さの残る顔立ちをしていて、ちょっと20過ぎには見えないかも知れません。

この頃からすでに年齢より若く見えることから今現在でも年齢より若くみえるのも納得がいきます。

また言うまでもなくこの頃から竹野内豊さんはイケメンですね。

スポンサーリンク




1997年(26歳):ビーチ・ボーイズ出演時代

ビーチ・ボーイズ時代の竹野内豊出典:ツイッター

竹野内豊さんは、1997年には反町隆史さんと共演したことで話題になった「ビーチ・ボーイズ」に出演していました。

撮影の影響もあってか若干日焼けしていますね。

引用:ヤフオク!

また、23歳の頃と比べると全体的に「大人」の顔になったような印象を受けます。

ですので竹野内豊さんの見た目の「変化」という意味ではこの頃からすでに起きていたともいえますね。

スポンサーリンク




2001年(30歳):冷静と情熱のあいだに出演

引用:dTV

こちらはイタリアはフィレンツェを舞台とした映画「冷静と情熱のあいだ」に出演していた竹野内豊さんです。

香港の女優であるケリー・チャンさんと共演しており、同映画の主演を務めています。

1997年の写真に比べると、解像度の差も当然ありますし、ひげをはやしていることも手伝って若干年を重ねた印象があります。

ですが竹野内豊さんは役について勉強して徹底的な役作りをする俳優ですので、そういったところも見た目の変化に影響しているのかもしれません。

スポンサーリンク




2006年(35歳):テレビドラマ「輪舞曲」出演

引用:ヤフオク!

こちらは2006年の東京カレンダーに載った時の竹野内豊さんです。

2006年はテレビドラマ「輪舞曲」に出演しています。

竹野内豊さんはこの東京カレンダーの薫るダンディズムという特集で撮影されており、2001年の様子からも2001~2006年にダンディ路線に切り替えていったようですね。

ですがその顔に「老け」や「劣化」とは無縁な感じもします。

スポンサーリンク




2010年(39歳):ドラマ「流れ星」出演

引用:pinterest

こちらはドラマ「流れ星」で主演を務めた時の竹野内豊さんです。

この「流れ星」で竹野内豊さんが演じる岡田健吾は、非常に複雑な背景を抱えた人物であり

物語開始当初は人生に絶望した人物でもあります。

そういった役どころの雰囲気が、画像からも伝わって来るような複雑な表情をしていますね。

役どころに引っ張られているのか若干顔に疲れや老けたような感じが出ていて、出演するドラマによって大きく見た目の印象が変わる人物なのかも知れませんね。

スポンサーリンク




2016年(45歳):映画「シン・ゴジラ」出演

引用:CINRA.NET

こちらは庵野秀明監督が指揮を取ったことでおなじみの、怪獣映画「シン・ゴジラ」に出演された時の竹野内豊さんです。

2010年時の写真と比べると、総理大臣補佐という立場も相まって、身なりをしっかりしなくてはならない立場であるためなのか若々しく見えます。

役どころに併せて、自身の年齢と合致しない見た目に変化できるところがすごいですよね。

スポンサーリンク




2021年(50歳):ドラマ「イチケイのカラス」

引用:産経ニュース

こちらは2021年4月5日より放映中のテレビドラマ「イチケイのカラス」の主演を演じる竹野内豊さんです。

こうして年代を追って写真を見ていくと、確かに見た目の変化はゼロではないかもしれません。

しかしそれ以上に、見た目の年齢がドラマや映画の役どころに引っ張られる、真の意味で役になりきることのできる俳優なのではないかと感じました。

そのため、見た目の変化は実際には役作りをしているうちに、そういった変化が起きているのではないかとも思いますね。

スポンサーリンク




【画像】竹野内豊の顔が変わったと言われる理由は2つ?老けない&かっこいいの声が多数!

竹野内豊の顔が変わったと言われる理由は2つ?

竹野内豊さんの顔の変化については「役作り」の影響が大きいと考えられますが、他にも考えられるものが2つありましたのでご紹介いたします。

  1. 歯の形が変わった
  2. ほくろが無くなった

1つずつ見ていきましょう。

 

歯の形が変わった

竹野内豊さんは、歯並びが変わったと言われています。

竹野内豊の葉の変化出典:ツイッター

こちらの比較画像をみると、たしかに歯並びがキレイになっています。

昔のままがよかったという方もいるようですが、芸能人は歯が命と言われていたこともあるくらいですから、竹野内豊さんも歯科矯正する判断をされたのかもしれません。

こちらも「顔が変わった」と感じる1つの要因になっている可能性があります。

スポンサーリンク




ほくろが消えた?

引用:まにまにLIFE

こちらの比較画像を見ると、目の下やおでこにあったほくろが無くなっているように見えます。

これに関しては、画像を加工したのか、実際にほくろを除去したのかが判断できかねますが、これも竹野内豊さんの顔が変化したと感じる原因の1つになっているのかもしれません。

スポンサーリンク




竹野内豊は老けない&かっこいいの声が多数

しかし竹野内豊さんに関しては、前述の通り「老けない」とか「いつまでもかっこいい」という意見が大多数を占めています。

スポンサーリンク




竹野内豊さんの変化まとめ

今回は竹野内豊さんの見た目の変化や、変化した原因について調査しました。

確かに竹野内豊さんの見た目は、年代ごとに比較していくと確かに変化はしていますが、役作りの影響も大きいようです。

今なお若々しさとダンディさの両立を果たし、俳優として大活躍をされている竹野内豊さんはもうすぐ芸能生活30年を迎えます。

ぜひこれからもダンディな魅力で芸能界を盛り上げていってほしいですね!

スポンサーリンク




スポンサーリンク