炎上系

【炎上】Koki着物の帯踏みつけCM動画&画像!演出の意図は?中国人カメラマンは誰?【ヴァレンティノ】

koki炎上
スポンサーリンク

木村拓也さんの次女Kokiさんがモデルとなったイタリアの高級ブランド「ヴァレンティノ」のCMが炎上しています。

CMの中で、モデルのKokiさんが着物の帯をヒールで踏んでいたことが「日本の文化を冒涜していると」世間から厳しい声が多く出ています。

なぜこのような演出が行われたのでしょうか。

またカメラマンは中国人とのことですが、どんな方なのでしょうか。

今回は実際のKokiさんの動画や画像を見ながら、今回の演出が決まった背景やカメラマンについても詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

Koki(キムタク次女)の着物帯踏みつけCM動画&画像が炎上!【ヴァレンティノ】

早速ですが、炎上しているKokiさんモデルのヴァレンティノのCM動画を見ていきたいと思います。

問題のCM動画がこちらです。

問題となっているのは、Kokiさんが着物の帯を踏んでいる部分。

「日本の文化を冒涜している」として炎上しています。

Koki帯を踏むCM出典:ツイッター
Koki帯を踏むCM出典:ツイッター
Koki帯を踏むCM出典:ツイッター

いくら海外のCMだからとはいえ、日本の文化を冒涜していると捉えられてしまっても仕方ないかもしれません。

こちらの動画は、ヴァレンティノの日本語版公式サイトに、2021年3月中旬にアップされましたが、28日にツイッター上で、「違和感がある」との訴えが出ました。

その後、1万件以上もリツイートされるほどの話題になり、29日にはツイッターやインスタ、公式サイトがから次々と削除される事態となっています。

演出家やカメラマンに言われた通りにしただけのKokiさんも、炎上に巻き込まれているようです。

スポンサーリンク




【Koki炎上】着物帯を踏みつけるCM演出の背景に映画『草迷宮』

今回の広告は、多様な価値を意味する「DI.VA(ディーヴァ)」キャンペーンの一環で打ち出されたものでした。

「帯踏み」演出については、寺山修司監督の映画『草迷宮』にインスピレーションを受けたとされています。

『草迷宮』とは日本人が1979年に制作した映画のこと。

その映画の中では、確かに帯の上を走っていく様子が映し出されています。

草迷宮出典:youtube
草迷宮出典:youtube

1979年といえば、かれこれ42年も前の映画になりますが、この頃はこのようなシーンがあっても特に問題とはされない時代だったようですね。

ヴァレンティノの公式サイトでは、「クリエイティブなミックスを通じてラディカルな姿勢を表現するコレクション」だと説明されていたようですが、時代も異なる為、批判が出ても仕方ない事かもしれません。

スポンサーリンク




【Koki炎上】帯踏みCMを撮影した中国人カメラマンは誰?

今回炎上したヴァレンティノのCMを撮影したのは、中国人カメラマンと言われています。

名前はFish Zhang氏。

中国人カメラマンのインスタ出典:インスタグラム

Kokiさんの写真もインスタグラムに掲載されていました。

中国人カメラマンのインスタ出典:インスタグラム
中国人カメラマンのインスタ出典:インスタグラム
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Fish Zhang(@fiiiiiish)がシェアした投稿

スポンサーリンク




【Koki炎上】帯踏みCMに対するネットの反応は?

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【Koki炎上】「ヴァレンティノ」着物帯踏みCMで日本文化を冒涜まとめ

今回は木村拓也さんの次女Kokiさんの「ヴァレンティノCMの炎上」について調査しました。

今回のCMの内容については様々な批判が出ていますが、Kokiさんを擁護する声も多く出ていました。

今回の件が今後どのように進んでいくのか、新しい情報が入りましたら追記していきます。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク