スポーツ選手

堀米雄斗の家族構成や幼少期の生い立ち&経歴!父母兄弟の顔画像や職業・エピソード!

スポンサーリンク

スケートボードで活躍している、堀米雄斗(ほりごめ ゆうと)選手。

弱冠18歳にして世界大会で三連覇を果たし、2021年には東京オリンピックで金メダルを獲得するなど、今とても注目されている選手です。

そんな堀米雄斗さんのご家族はどんな方なのでしょうか。

この記事では

  • 堀米雄斗さんの家族構成
  • 堀米雄斗さんの父親や母親・兄弟の名前や年齢・職業・顔画像・エピソード
  • 堀米雄斗さんの幼少期からの生い立ちや経歴

についてまとめています。

スポンサーリンク

堀米雄斗の家族構成は5人!

堀米雄斗出典:産経新聞

堀米雄斗さんの家族構成は、次のとおりです。

  • 父親:堀米亮太(ほりごめ りょうた)さん
  • 母親:(名前非公表)
  • 長男:堀米雄斗さん(本人)
  • 次男:(名前非公表)
  • 三男:(名前非公表)

堀米雄斗さんは、三兄弟の長男なんですね。

一人ずつ詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク




【顔画像】堀米雄斗の父親は元スケートボード選手!

堀米雄斗の父親は元スケートボード選手

こちらが堀米雄斗さんの父親・堀米亮太さんです。

堀米雄斗の父親・堀米亮太さん出典:CREATIVE LIFE

父・堀米亮太さんは、埼玉県出身。

1974年10月11日生まれで、2021年現在46歳になります。

お父さんは中学1年生のころからスケートボードを始めていらっしゃいます。

スケボーの大会にも出場していて、

上位入賞も果たすほどの腕前

だったのだとか。

ただ、お父さんの思いとしては、大会で上位を目指すというよりも、見栄えのする技を繰り出して映像に残したいという気持ちの方が大きかったようです。

そんなこともあり、スケートボードに関係の深いお仕事をされているのかと思われましたが、そういうわけでもないようですね。

お仕事についての詳細は不明

ですが、三人の息子を育て上げ、堀米雄斗さんをアメリカに行かせているということから、しっかりとした稼ぎのあるお仕事をされているものと思われます。

スポンサーリンク




スケートボードを始めたきっかけは父

幼少期の堀米雄斗出典:Instagram

堀米雄斗さんがスケートボードを始めたのは6歳のころ。

きっかけはお父さんでした。

お父さんが趣味でスケートボードをやっており、よく一緒に公園に行って滑っていたようです。

このことについて、冗談交じりにお父さんは、

こいつはロクなヤツにならなそうだから何かやらせた方が良いなって思ってね。(笑)

引用元:interstyle

と語っておられます。

小さいころの堀米雄斗さんと父親出典:interstyle

また、当時の堀米雄斗さんについては、次のようにも語っていました。

実はユウトは同じころにスケートボードを始めた同世代の子たちと比べると一番覚えが遅かったからね。

引用元:interstyle

世界で活躍するトップアスリートの堀米雄斗さんも、小さいころはそうでもなかったようですね。

ただ、お父さんのアシストによってめきめきと頭角を現すことになります。

堀米雄斗さんは、「うまくなった理由は?」との質問に、「お父さんの教え方ですかね。」ときっぱり答えています。

スケートが上手くなった理由お父さんのやり方は、

体が大きくなるまでは基礎を徹底的にやらせる

というもの。

基礎ばかりやっていて、周りにおくれをとっているように見えましたが、結果的には誰よりも高等なテクニックを習得していくことになりました。

今の堀米雄斗さんの活躍の影には、お父さんの大きな存在があったようですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

堀米雄斗😈(@yutohorigome)がシェアした投稿

スポンサーリンク




【顔画像】堀米雄斗の母親の年齢や職業は?

堀米雄斗出典:Instagram

堀米雄斗さんお母さんについては、一般人ということで顔写真や名前、年齢など公表されていませんでした。

お母さんはスケートボードの経験者ではない

ようです。

お父さんは休日によく、息子たちをスケートボードの練習に連れて行っていたそうですが、お母さんは一緒には行ってはいなかった模様。

影ながら堀米雄斗さんの活躍を応援しているというスタンスのようですね。

東京オリンピックで堀米雄斗さんが活躍してメダル獲得というようなことになれば、メダリストの母ということで、注目が集まるかもしれません。

そうなれば、お母さんもメディアに登場されるかもしれませんね。

またかつてのインタビューで、父・亮太さんが、

嫁がスポンサー

とおっしゃっていたので、母親が家計を支えているということなのかもしれません。

スポンサーリンク




【顔画像】堀米雄斗の弟2人はどんな人?

堀米雄斗さんさの下二人のご兄弟についても、名前や年齢、顔画像など詳しい情報は公開されていませんでした。

しかし、2018年の取材で次男が大学入学前と言っていた為、おそらく2021年現在は

次男が大学2〜3年生くらい

そして、次男の年齢から考えて

三男は高校3年生くらい

ではないかと思われます。

男兄弟三人となると、それだけでにぎやかな家族であると想像できますね。

父親である亮太さんの趣味であったスケートボードの影響を受けて、兄弟たち三人も一緒に公園で練習をしていたといいます。

しかし、

弟2人は特にスケートボードの選手というわけではない

ようです。

堀米雄斗さんは高校を卒業するとアメリカのロサンゼルスに移住しています。

堀米雄斗のアメリカのマイホーム出典:stillness.life

次男、三男の方は日本でそれぞれ大学、高校に通っておられるものと思われます。

自分たちの兄が、オリンピックで活躍しているということになれば、さぞ誇らしげなことでしょう。

自慢の兄であることは間違いないでしょうね。

二人の兄弟についても、堀米雄斗さんがメダルを獲得するなどの活躍を見せれば、メディアで取り上げられるということもあるかもしれません。

次男、三男の方もスケートボードをやっていたようですので、今後三人でスケートボード共演ということもあるかもしれませんね。

スポンサーリンク




堀米雄斗の幼少期からの生い立ちや経歴を調査!

堀米雄斗出典:forbesjapan.com

ここからは堀米雄斗さんの幼少期からの生い立ちや経歴について見ていきたいと思います。

堀米雄斗さんがスケートボードを始めたのは6歳の頃。

教えたのはお父さんです。

父・亮太さんは、自分でも認めるくらいのスパルタだったといいます。

当時6歳の堀米雄斗さんに対してもスケートボードについては鬼のような指導をしていたのだとか。

当時のことを振り返って、お父さんは、

最初にスケートボードの厳しい部分を教えて(それが原因で)嫌になるならやめちゃえばいいかな?って思ってたよ。

と語っています。

若い頃の堀米雄斗の父若い頃の堀米雄斗の父

さらに、お父さんのスケートボードに関する教えはこれだけではありませんでした。

  • きっちりと行くとこ、行けるところは行かないといけない!
  • 怖かったら無理してやる事はない!
  • 変にカッコつける滑りはせず、自然に滑ればいい!
  • コンテストより映像を残すことが大切!
  • ちゃんと考えながら滑ること!

中でも、お父さんが一番大事にしていたのは、最初に掲げた「きっちりと行くとこ、行けるところは行かないといけない!」ということだったそうです。

自分ができるところまでは、

しっかりと自分の力を出し切らない

といけないということですね。

強い選手との試合で物おじしてしまって自分の実力が出せなかったということがないようにメンタルも大事ということを堀米雄斗さんに伝えてきたようです。

スポンサーリンク




その甲斐もあって、10代の前半ごろにはすでに日本国内でのコンテストのトップ選手として活躍するようになります。

子どものころの堀米雄斗出典:Instagram

その後、新しい技にもどんどん挑戦していった堀米雄斗さん。

しかし新しい技を挑戦する時は、今でも転んでしまうこともあるそうです。

スケートボード選手にとっては、骨折やじん帯を伸ばしてしまうというのはつきものだそう。

僕は、まだ6回ぐらいしか骨折していないけれど

と語る堀米雄斗さん。

6回の骨折は少ない方なのでしょうか…すごい世界です。

確かに練習風景を見ても、見ているこちらがヒヤヒヤするような場面も多くありますから、常々危険と隣り合わせにはなるようですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

堀米雄斗😈(@yutohorigome)がシェアした投稿

堀米雄斗さんは中学生になると、アメリカの大会にも参加して、ますます技術に磨きをかけていくことになります。

学生のころの堀米雄斗出典:Instagram

高校生時代には、2014年、2015年と2年連続で日本スケートボード協会の年間グランドチャンピオンに輝いています。

そして、高校卒業後は、活動の拠点をスケートボードの聖地ともいえるアメリカのロサンゼルスに移し、現在に至っています。

2017年には、スケートボードの世界最高峰といわれるプロツアー・ストリートリーグに参加

スペインのバルセロナ大会で、3位に入賞

しています。

これは日本人初となる快挙で、この成果によって

正式にSLS公認のプロ選手に認定されました。

以下、それ以降の戦歴です。

 ストリートリーグ(ドイツ・ミュンヘン大会)2位入賞
 ストリートリーグ(イギリス・ロンドン大会)優勝
 ストリートリーグ(アメリカ・ロサンゼルス大会)優勝
 ストリートリーグ(ハンティントンビーチ大会)優勝

ストリートリーグでは、2018年のイギリス・ロンドン大会から3連覇を達成しました。

さらに、エックスゲームズのミネアポリス大会でも優勝。

破竹の勢いは止まることを知りません。

成長した堀米雄斗さん出典:Feathered News

2019年にはオリンピックの強化選手として選ばれ、同じ年にアクションスポーツの発展に貢献した成果を称して「JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2019」も受賞しています。

これまで、数々の大会を制してきた堀米雄斗さん。

そして、2021年の東京オリンピックでは見事金メダルを獲得されました!

今後の活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク




堀米雄斗の家族構成や生い立ち・経歴まとめ

今回は堀米雄斗さんの家族や幼少期からの生い立ち・経歴について調査しました。

  1. 堀米雄斗さんの家族構成は、父親、母親、兄弟二人という5人構成。
  2. 堀米雄斗さんの父親は、堀米亮太さん。
    お父さんも中学生のころからスケートボードをしていた。
  3. 父親によれば、堀米雄斗さんはスケートボードに関して決して覚えのよい方ではなかったとのこと。
  4. また、体幹を鍛えるため基礎的なトレーニングを中心に行ってたとのこと。
    そのおかげで高度なテクニックを習得できる肉体を手に入れることができた。

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク