スポーツ選手

【顔画像】張本智和の家族構成!父はコーチで母は中国代表のプロ卓球選手!妹も卓球の実力者だった!

スポンサーリンク

卓球界で活躍している、張本智和さん。

張本智和さんのご両親も、実は卓球の選手だったというのはご存じでしょうか。

また、妹さんも卓球の選手だということで、まさに張本智和さんの家族は卓球一家といえますね。

今回は、そんな張本智和さんの家族について詳しく調べてみました。

この記事では

  • 張本智和さんの家族構成
  • 張本智和さんの父親や母親の年齢や顔画像、卓球の実力、現在の職業、エピソード
  • 張本智和さんの妹の年齢や顔画像、卓球の実力
  • 張本智和さんの国籍や帰化した理由

についてまとめています。

スポンサーリンク

張本智和の家族構成は4人!

張本家族出典:スポブロ

張本智和さんの家族構成は

  • 父親:張本宇(はりもと ゆ)さん
  • 母親:張凌(チャン リン)さん
  • 本人:張本智和(はりもと ともかず)さん
  • 妹 :張本美和(はりもと みわ)さん

の4人となっています。

1人ずつ詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク




【顔画像】張本智和の父親は元卓球選手で現在はコーチ!

張本智和の父親は元卓球選手で現在はコーチ!

まずは、張本智和さんの父親についてです。

こちらが張本智和さんの父親・張本宇さんです。

張本智和の父親出典:yahooニュース

詳しい生年月日は公表されていませんが、各種報道の記事などから推定すると

2021年在で51歳だと思われます。

父・張本宇さんは元々中国人で、中国で卓球の元プロ選手として活躍していました。

そして1990年代に現役を引退した後、

中国・四川省からコーチとして来日。

その後、大阪を始め数カ所の地で子どもたちに卓球を教えた後、

仙台ジュニアクラブのコーチとして招かれ、1998年に宮城県仙台市にやってきました。

そこで現在の奥さんである凌さんと結婚し、2003年に張本智和さんが誕生しています。

張本智和さんの父親出典:毎日新聞

奥さんとはなんと10年もの間、遠距離恋愛をしていたそうです。

スポンサーリンク




現在は「張本卓球場」を経営

現在は仙台市内で「張本卓球場」を経営している父・宇さん。

張本卓球場出典:yahooニュース

張本卓球場には卓球台が6つ備えられており、仙台ジュニアクラブの選手以外にも、一般の人でも会員制で利用することができるようです。

張本卓球場出典:yahooニュース

父・張本宇さんは卓球のコーチとしてはかなりの腕利きで、あの福原愛さんが腕を磨いていた名門卓球クラブ・仙台ジュニアクラブでコーチをしていたこともあります。

 

また、男子ジュニアの日本代表のコーチも務めていた経験も。

その後は、張本智和さんのコーチとして彼を育て上げました

張本智和さんの父親出典:張本宇さんのInstagram

スポンサーリンク




父親とのエピソードは?

張本智和さんは、2020年の父の日に、自身のインスタグラムに父親への感謝の気持ちを述べていました。

父の日出典:Instagram

今日は父の日。

お母さんと同じくいつも優しくここまで育ててきてくれたお父さん

いつもありがとう!

まだまだ強くなれるけど、ここまで強くなれたのも

毎日熱心に指導してくれたおかげです。

来年のオリンピックに向けてこれからもその先も一緒に頑張りましょう。

親子の深い絆が感じられますね!

父・宇さんは元々中国籍でしたが、現在は帰化して日本国籍を取得しています。

スポンサーリンク




【顔画像】張本智和の母親も元卓球選手で中国代表!

張本智和の母親の実力がすごい!現在の職業は?

張本智和の母親出典:Twitter

張本智和さんの母親の名前は張凌(チャン リン)さん。

2021年で48歳になります。

家族の中では、母親だけ日本に帰化していないので、名前も中国名である「張凌」となっています。

母・張凌さんは、卓球の元中国代表選手

で、1995年に行われた第43回世界卓球選手権に中国代表として出場しています。

卓球大国である中国で中国代表に選ばれる訳ですから、かなりすごいですよね。

母・凌さんは1990年代に現役を引退した後、マレーシア女子代表の監督を務めていました。

現在はご主人と共に、仙台にある「張本卓球場」で指導者として活動しています。

スポンサーリンク




幼少期のエピソード

張本智和さんの母親出典:ぽこあぽこ

父親が元卓球選手で名コーチ、そして母親も元卓球の中国代表となれば、

張本智和さんも小さい頃から卓球の特訓をされてきたのではと想像しますよね。

ところが、張本智和さんの両親は、張本智和さんに

卓球の選手になってほしかったわけではない

といいます。

両親は、自分たちが卓球の世界にいたことから、その厳しさを誰よりも知っていたため、自分の息子にはそんな世界には入ってほしくないと考えたようです。

張本智和さんには卓球の選手ではなく、

普通に大学に行って、普通の仕事に就いてほしいと

思っていたようなのです。

とはいえ、張本智和さんが卓球をはじめたのは2歳のころ。

張本智和と母親2歳の頃の張本智和

これだけでも十分、特殊な環境だといえそうですが、両親は

卓球の練習時間は1日2時間まで

と決めていたそうです。

やはり、張本智和さんにはあまり卓球をさせたくなかったようですね。

スポンサーリンク




母・凌さんの考えとしては

  • 1に健康
  • 2に学習
  • 3番目に卓球

という優先順位だったそうです。

両親は張本智和さんを3歳のころから英会話教室に通わせたり、小学校に入ってからは学習塾にも通わせていたとか。

将来は東北大学に入ってほしかったと語っていらっしゃいます。

小学生時代の張本智和さんのテストの点数はほぼ100点。

海外遠征も夏休みなどに絞り、ご両親は学校を決して休ませなかったそうです。

張本智和の母親出典:日刊ゲンダイ

その徹底ぶりは凄まじく、世界選手権でドイツから「勝ったよ」と智和さんから電話が来た時にも、

母・凌さんは

「良かったね。ところで、今日は勉強しましたか?」

と返したそうです。

しかし、張本智和さんの卓球に対する熱が冷めることはなく、どんどん卓球にのめり込みどんどん実力を上げていったのだとか。

そんな張本智和さんの姿を見て、少しずつ彼のことを応援するようになったそうです。

今や卓球の日本代表にまでなったのですから、やはりこの両親にしてこの子ありという感じですね。

張本智和さんの家族出典:イベント日記

スポンサーリンク




【顔画像】張本智和の妹も卓球選手!

張本智和さんには5つ年下の妹・美和さんがいます。

美和さんも卓球選手として活動しています。

こちらが張本智和さんの妹・美和さんです。

張本智和さんの妹出典:Rallys

美和さんは2021年現在中学1年生です。

すでに全日本一般でも勝利を収めている実力の持ち主で、将来はオリンピックで十分金メダルを狙えるのではないかと言われています。

Tリーグの2020-2021シーズンではシングルスにも出場しています。

美和さんは地元・仙台の小学校を卒業し、今年度からは木下卓球アカデミーの第1期生としてトレーニングを積んでいます。

木下卓球アカデミーというのは、卓球Tリーグ男子の木下マイスター東京、女子の木下アビエル神奈川を持つ

木下グループが2021年4月1日からスタートさせた卓球アカデミー

です。

美和さんはその第1期生として、世界で活躍できる卓球プレーヤーになるためにトレーニングを積むことになります。

張本智和の妹出典:prtimes.jp

美和さん曰く、今まで対戦してきた中で一番強かった相手は張本智和さんだそう。

つまり、自分のお兄さんがこれまでで最強の相手だったとのこと。

また、「仲のいい選手は?」「憧れの選手は?」という質問に対して、いずれも「お兄ちゃん」と答えています。

将来は、兄妹そろってオリンピックに出場、また兄妹そろってメダル獲得なんていうことも十分にありえそうですね。

張本兄妹出典:張本智和さんのInstagram

スポンサーリンク




張本智和の現在の国籍は日本!帰化した理由はなぜ?

張本智和出典:Twitter

両親が中国人ということで、張本智和さんももともと中国国籍だったのですが、

2014年の春に日本に帰化

しています。

今は日本国籍を取得しているので、オリンピックも日本代表として出場できるわけです。

また、日本に帰化したいと言い出したのは張本智和さん自身だといいます。

両親が中国人であるとはいっても、日本で生まれて日本で育った張本智和さん。

自分の故郷である日本の選手として活躍したい

という強い思いがあったようです。

そう聞くと張本智和さんが日本への帰化を望んだのも納得できますが、この決断をしたとき、張本智和さんはまだ10歳(小学4年生)のときのことです。

小学生の4年生の時点で、「自分は日本人として戦うんだ!」という強い意志を持っていたというのは、さすがといったところですね。

加えて、水谷隼選手に対する強い憧れも日本人選手として戦いたいという思いを強くしているようです。

張本智和さんにとって水谷隼選手は憧れの的であり、越えなければならない壁もあるとのこと。

オリンピックに水谷隼選手と一緒に戦いたいという思いもあるようですね。

水谷隼選手と張本智和選手出典:JIJI.COM

さらに、中国で代表となるのは厳しいからという事情もあったのではと思われます。

両親は中国の卓球界の厳しさをよくご存じですから、わざわざ中国で代表を目指すよりも、生まれ育った日本で代表を目指す方がよいのではと考えたのではないかと思います。

とはいえ、日本代表に選ばれるというのも並大抵のことではありません。

日本の代表としてオリンピックに出場できるというのは、本人だけではなく、ご両親にとっても大きな夢が達成されたということになると思います。

スポンサーリンク




張本智和の家族構成まとめ

今回は張本智和さんの家族や、帰化した理由について調査しました。

  1. 張本智和の家族は、父親・母親・妹の4人家族。
  2. 父親は元卓球選手で、名コーチとして有名。
    コーチとして1995年に中国から日本にやってきた。
  3. 母親も元卓球選手で、中国の代表に選ばれたことも。
    ただ、両親は張本智和さんに卓球の道に入ってほしかったわけではなかった様子。
  4. 妹である美和さんも卓球選手として活躍中。
    将来はオリンピックに出場できる実力の持ち主と言われている。
  5. 張本智和は、2014年に中国から日本に帰化している。
    自分が生まれ育った故郷である日本の選手として戦いたいという強い思いから帰化した。

張本智和さんは常々、卓球のすばらしさを世界に広げたいと語っています。

これからも日本人ととして、卓球のすばらしさ、厳しさ、楽しさを世界に発信してくれることでしょう。

スポンサーリンク